井川意高の弟や現在の会社はどこ?借金返済はどうなったの?

3月9日放送の『爆報!THEフライデー』に大王製紙の元会長で巨額の会社のお金を使い込んだ井川意高さんが出演されます。
井川意高さんの借金のその後や現在の会社などについて調査してみました。
また、井川意高さんには弟がいたということですのでこの弟さんについても調べてみました!




井川意高の現在の暮らしはどんな感じ?会社はどこで借金はどうなった?

◆井川意高(いかわ もとたか)のプロフィール◆
・生年月日:1964年7月28日(53歳)※2018年3月時点
・最終学歴:東京大学

井川意高さんといえば大王製紙の元会長で、カジノで使うために会社のお金を不正に引き出して105億円くらい使ってたとして逮捕されたことが大王製紙事件として大きく報じられていましたよね。
井川意高さんは愛媛を拠点とする大王製紙創業家に生まれ、2代目である井川高雄の長男です。
生まれたときからお金持ちで何不自由ない生活をしていました。
東大卒業後は大王製紙に入社し、三島工場次長、常務取締役、専務取締役を経て1998年には代表取締役副社長となり、2007年には大王製紙の6代目社長に就任しました。
順風満帆な人生に見えるのですが、カジノにハマって会社のお金を不正に使い込むなんてストレスがたまっていたのかもしれません。
この事件が発覚したのが2011年9月なんですが、これをきっかけに創業一族である井川家は大王製紙の経営から外されてしまったようです。

井川意高さんは大王製紙事件で4年間の懲役となり、喜連川社会復帰促進センターに収監されていましたが2016年12月14日に仮釈放され、現在はテレビに出演されたりしています。
井川意高さんには陽子さんというお嫁さんがいて知り合ったのは大学3年のころだそうです。
てっきり社長時代の飲み会とかで知り合ったモデルさんとかと結婚したのかなと思ったので学生時代からの付き合いの女性と結婚していたと聞いてびっくりしました。
井川意高さんは身長が180㎝あるようで、お顔もイケメンですしお金もあるし東大ですしからかなりモテたと思います。
そんな井川意高さんが選んだ女性ということですのでお嫁さんはかなりの美人なのでしょうね。
そして井川意高さんには娘さんがいて、慶應に通われているということです。
慶應とかかなりお金がかかりそうですが、すでに巨額の借金は返済済みで生活には困ってないみたいです。
2012年に井川家は全ての株を売却していて、それによって返済したということです。
今も東京の豪邸に住んでいるそうですので借金全部返してもおつりがくるくらいだったのかなと思いました。

気になるのは現在、井川意高さんがどこの会社にいるのかということですが、調べてみたのですが情報がなく不明でした。
実業家ということですので何かしら事業をされているのかと思います。
ホリエモンこと堀江貴文さんと共同で本を出したり、麻雀番組に出演されたりしていますので手広くやっているみたいです。
それにしても麻雀って、ギャンブル好きなんでしょうね。

ちなみに井川意高さんのご両親は中学時代の同級生で、お母さんは背が高く美人で学生時代からダントツ目立つ存在だったそうです。
名家の出身ではないですが、お父さんが惚れこんで結婚したそうです。
井川意高さんがイケメンですので、きっとお母さんだけではなく、お父さんもイケメンなんでしょうね。
お金もあってイケメンって恵まれてますね。



井川意高の弟・井川高博の現在は?

井川意高さんには2歳下に弟がいて井川高博さんといいます。
現在は不明ですが小さい頃は兄弟仲は良かったようです。
井川高博さんも大王製紙の代表取締役についていたのですが、2012年6月27日付で辞任しています。
井川意高さんの多額の借り入れに気づいていながら対応しなかったとして責任を問われたみたいです。
井川高博さんの辞任によって、大王製紙には創業一族が経営陣からすべていなくなってしまったそうです。

噂によると井川高博さんは退職金がもらえなかったそうですのでかわいそうですよね…。
井川高博さんにはレーシングドライバーとしての顔もあり、2015年7月に自動車関連会社『童夢』のオーナーに就任していますので現在は車関連の事業を行っているのかなと思われます。

お兄さんのお金の問題さえなければ大王製紙創業一族として今も大王製紙の代表取締役として働いていたはずですが、あの事件で一族全部が会社を追われてしまった形となってしまいました。
昔は仲が良かったそうですが、今はどんな気持ちなんでしょうね。
気になります。

まとめ

井川意高さんの事件はその金額の大きさが衝撃的でしたが、その借金を短期間で一族で返済したということにもっと驚きました。
あるところにはあるんですね。