マタニティブルーとは?妊娠中期から後期にいきなりきた!解消方法はあるの?

マタニティブルーとは?妊娠中期から後期にいきなりきた!解消方法はあるの?

マタニティブルーという言葉はご存知ですか?
聞いたことがあるという人は多いと思います。
私は現在妊娠9か月なのですが、妊娠中期から妊娠後期にかけて、このマタニティブルーというものになってしまいました。
自分には無関係だと思っていたのでマタニティブルーとは何なのか?などそれまで深く考えたこともありませんでしたが、ある日いきなりその症状が訪れ、自分ではうまく感情のコントロールができなくなってしまいました。
解消方法などは人それぞれだと思いますが、私がなぜマタニティブルーを解消できたのかについて書いていきたいと思います。




マタニティブルーとは?

マタニティブルーとは、妊娠中や出産後のホルモンバランスの乱れが原因で精神的に不安定になったり感情のコントロールが効かなくなることだそうです。
旦那や家族にイライラしたり、涙が止まらなくなったりなどの症状がみられるとのこと。
産前・産後の全員がなるわけではないようですが、精神的に不安定な状態になってしまう人は多いそうです。

妊娠中期、いきなり不安と憂鬱がやってきた

私の場合、妊娠中期にあたる妊娠6ヶ月くらいの時、なぜか急に妊娠・出産・育児に対する不安が襲ってきました。
憂鬱というよりもっと激しい感情で、「もうイヤーー!!」と叫びたくなる感じです。
何がそんなにイヤなのだろうと考えても上手く説明できません。
とにかく全部がイヤになって全部投げ出したくなるのです。
妊娠して体が思うようにならないこともイヤ、食事を制限することもイヤ、出産時の痛みを想像すると怖すぎてイヤ、この精神状態で子育てするのは無理!
もう全部がイヤ!という感じになってしまいました。
一日中ずっとそんな気持ちでいるわけではなく、ふとした瞬間に急にその激しい感情が湧いてきて、全部イヤになって発狂しそうになるのです。
妊娠自体は夫婦で長い間望んでいた事ですので、幸せなはずなのになぜこんな気持ちになるんだろうか、こんなんでちゃんと子育てできるんだろうかと不安でした。
妊娠してから、しょっちゅういろんな妊婦さんのブログを拝見していたのですが、みなさんがとてもキラキラしていて、赤ちゃんの誕生を心待ちにしている様子をみると、自分の状況との違いにちょっと私大丈夫かな?と思う事はありました。

私、もともと子供があまり好きではありません。
嫌いというほどでもないですが、できればあまり近づきたくないな…という感じです。
どう接していいのか分からないからだと思います。
でも子供は欲しいと思っていたので、自分が妊娠した時は嬉しかったです。

妊娠初期はつわりもキツかったりしましたが、身体はキツくても精神的には大丈夫でした。
その後も身体の不調は色々あっても気持ち的にはなんともなかったのにいきなり負の感情が湧いてくるようになったのです。
生まれてきた子供が私みたいな性格だったら嫌だとか、手首がこんなに痛いのに赤ちゃんのお世話なんてとてもじゃないけど無理だとか、イヤな理由は次から次へと湧いてき発狂しそうでした。
とにかく叫びたい衝動に駆られるのですが、うちはマンションで近所に聞かれても嫌なのでそこはグッと抑えて、とりあえず深呼吸してキツく目を閉じてやり過ごしました。
こんなのが1日に何回かやってきていました。
だいたい妊娠6ヶ月から8ヶ月くらいにかけてです。
こんなに発狂しそうなくらい嫌な気持ちになるのに、普通の母親のように赤ちゃんに愛情を注げるのか不安でした。



マタニティブルーをどうやって解消したのか

この気持ちのまま出産した場合、かなりヤバイことになる予感がしていましたが、妊娠9ヶ月の現在、あの猛烈な不安はどこかへ消えました。
私の場合、主人や母親に不安な気持ちを相談したりもしていません。
猛烈な不安に襲われていたのは主に一人でいる時でしたので、私が不安定になる様子を主人が目にすることもなかったので、そんな状態があった事自体知らないと思います。

私は気づけばマタニティブルーは解消していた感じですが、なぜ解消できたのが考えてみたところ、実母に頼ることができそうだということが分かったからかもしれません。
実家は近いのですが、里帰りするつもりはないですし、母に手伝いをお願いするつもりもありませんでした。
自分の母親ですがあまり性格が合わず、長く一緒にいるとケンカが絶えないため、極力距離を置くようにしていたからです。
しかし、初孫の誕生を心待ちにしている母が色々と出産準備をしてくれていて、何となく気持ちが楽になりました。
全部一人でやらないとと思っていたのが母が助けてくれそうだと思ったとたん、ふっと力が抜けた感じです。

つまり、私がマタニティブルーになったのは全部を一人でこなさなければならない育児への不安からで、母に助けてもらえると思ったから解消できたということなのかなと思いました。

文章にしてみると単純な感じはしますが、マタニティブルーは結構複雑な感情です。
私の場合とりあえず数か月で収まりましたが、もっと長く続く人もいるでしょうし、そういう人はほんとに辛いと思います。

まとめ

マタニティブルーってなんとなく自分には無関係だと思っていました。
いろいろと深く考え込むからなるんだよとか思っていましたが、実際に自分がなってみると、いきなり襲ってくる不安定な感情は自分ではどうしようもなかったです。
これはマタニティブルーだと思ってやり過ごしたいのですが、感情のコントロールが効かないため憂鬱と不安と恐怖がごっちゃになってきつかったです。
今はとりあえず落ち着きましたが、もしかしたら産後またあの状況になってしまうかもしれません。
上手く対処できるかどうかわかりませんが、一人でしょい込まずに家族の助けを求めたいと思います。