宮崎謙介 セミナー(京都)内容!現在の仕事は社長?離婚についても調べてみた!

宮崎謙介 セミナー(京都)内容!現在の仕事は社長?離婚についても調べてみた!

2016年2月、グラビアアイドルの宮沢磨由さんとのゲス不倫で議員辞職した宮崎謙介さんが9月5・6日に京都で開催予定だった「京都政務セミナー」〈今の時代に求めらている議員像〉で特別講師をするという事が話題になりました。
これには非難が殺到たため結果として中止になったのですが、宮崎謙介さんが行う予定だったセミナー講演の内容はいったいどのようなものなのでしょう?
また、議員辞職後の現在の仕事や、ゲス不倫後の嫁・金子恵美との関係や離婚についても調べてみました。




宮崎謙介のしくじりセミナー(京都)講演内容

このセミナーで予定されていた講演内容は
■9月5日午前
・市民が本当に求めている陳情対応
■9月5日午後
・時代の変化、求められる議会・議員
■9月6日午前
・議員が自覚すべき政治倫理とは
■9月6日午後
・議員活動の効果的な広報・メディア対応

です。
2日間にわたって開催され、午前・午後の部に分かれています。
1講座15000円で4講座全部受けると48000円ですが、20%割引のサービスがあるそうです。

宮崎健介さんといえば、2016年2月に妻の金子恵美衆議院議員の妊娠で育児休暇を取りたいと宣言していながら、グラビアアイドルの宮沢磨由さんと不倫していたことが明らかになり議員辞職をしています。
しかも、金子恵美さんが出産入院中に議員宿舎にも宮沢磨由さんを連れ込んでいたということでゲス不倫と言われていました。

そのような経緯で議員辞職した宮崎謙介さんが上記のような講演を行ったところで説得力はないように思われます。
セミナーが開催されるはずだった会場がテレビで取材されていましたが、体育館のように前にステージがあってその後ろに椅子並べてお客さんを入れるというようなちゃんとした講演会場というよりは、テーブルと椅子がある普通の会議室っていう感じでした。
もともとそんなにたくさんお客さんがたくさん呼べるとは想定していなかったのかな?という感じです。
9月5・6日開催予定だったのですが実際、集客できておらずガラガラだったらしいです。

主催者側の話では、宮崎謙介さんはセミナーの講師を引き受けてくれたものの、このようなセミナーが開催されることが世間で批判されたことによって現在はとても反省している様子だということです。
おそらくテレビ番組の「しくじり先生」的な感じにしていくつもりだったのかなと思われますが、いまいち説得力に欠けますし、そんなセミナーに15000円も支払う価値があるとは思えません。

しかも、このセミナーは議員向けのセミナーで、政務活動費からセミナー費用が支払われるため国民の税金で宮崎謙介さんの話を聞きに行くということになります。
そうなると国民の税金から宮崎謙介さんへセミナーの講師代が支払われることになってしまうので、それはまたちょっとどうなのという感じですね。

結果的に中止となったので、これでよかったのかなと思いました。
主催者側は中止理由として
・このセミナーが報道で取り上げられたことによって、セミナー運営や主催者側の他の業務に支障がでていたり、宮崎謙介議員の家族などにも影響が出ている。
・セミナー当日、報道陣が押し掛けるなどの混乱が予想される。
とのことでした。

このようなことは当然予想されます。
実際に開催されることはありませんでしたが、企画段階でちょっと悪ふざけが過ぎるセミナーだったと思います。



宮崎謙介の現在の仕事はなに?嫁・金子恵美との離婚は?

宮崎謙介さんの不倫は嫁・金子恵美さんが出産入金中の事であったこともあり、絶対に離婚するだろうと思っていたのですが現在も離婚はせずに夫婦として暮らしています。
金子恵美さんは今は一緒に子供を育てたいと話しているそうですので、しばらく離婚はなさそうです。
宮崎謙介さんがイクメンとして子育てに積極的に参加している様子がテレビで放送されたり、金子恵美さんのSNSで紹介されたりしています。
議員辞職後の現在は、
・飲食業
・教育事業
・神社仏閣の総合経営支援
・人材紹介・派遣業
などなど
いろいろな事業を行っているようです。
2016年末に企業して現在は社長さんということになります。

嫁の金子恵美衆議院議員は現在でも周りから離婚をすすめられているようですが拒んでいるようです。
子供が大きくなるまでは何とか我慢しているのかなという気がしないでもないですが、宮崎謙介さんは嫁に離婚されないように社長業をしっかりと頑張ってほしいと思います。

まとめ

去年2月はゲス不倫で世間を騒がせていましたが、今回はまた「しくじりセミナー開催」ということで世間を騒がせてしまいました。
しばらくは表に出る活動は控えたほうが、嫁・金子恵美衆議院議員のためにもいいのではないでしょうか。
子供のためにも今後はイメージの回復に努めていってほしいですね。