大杉漣の急死原因は急性心不全!息子はカメラマンでイケメン【画像】!嫁とは若い頃デキ婚してた!

大杉漣の急死原因は急性心不全!息子はカメラマンでイケメン【画像】!嫁とは若い頃デキ婚してた!

本日、俳優の大杉漣さんが急性心不全により息を引き取られたそうです。
ついさっきまでテレビで見ていた俳優さんでしたので、一瞬「え?」となってしまいました。
ドラマ撮影後、共演者らと食事をしている最中に具合が悪くなり、そのまま帰らぬ人となってしまったそうです。
本当に信じられません。
今回は大杉漣さんのお嫁さんとの若い頃の馴れ初めや、イケメンカメラマンである息子さんの画像などについて見ていきたいと思います。




大杉漣の最期の状況は?

大杉漣さんは急性心不全で命を落としています。
亡くなった21日は一日中ドラマの撮影をされていて、それが終わってスタッフや共演者の方たちと夕食を食べて、ホテルの部屋に戻ったところ、共演者とのグループLINEで腹痛を訴えたらしいです。
そのLINEにいち早く気が付いた松重豊さんが、大杉漣さんに付き添ってタクシーで病院へ行ったのですが、そのまま病状は悪化してしまい、家族や共演者に見守られ息を引き取ってしまいました。

心不全ってお腹に痛みが出るって意外…と思っていたら、今日、お昼の情報番組の『グッデイ』を見ていたら、心臓に詳しいお医者さんが大杉漣さんの症状を解説されていました。
放散痛といって、心臓の痛みを脳が腹部の痛みだと勘違いして伝えることがあるそうです。
心臓の痛みはお腹の痛みと同じ経路で脳に伝わるためこのようなことが起きることもあるとのことでした。
お腹の痛みが心臓の不調に関係してるなんてなかなか思えないですよね。

心不全を起こす人は、喫煙や肥満や糖尿病などを抱えている人が多いそうですが、大杉漣さんはどれにも当てはまらないようでしたので、いつだれが同じ状況になってもおかしくないんだなと思いました。

大杉漣のイケメン息子はカメラマンの大杉隼平

◆大杉漣(おおすぎ れん)のプロフィール◆
・生年月日:1951年9月27日(享年66歳)
・出身地:徳島県小松島市
・身長:178㎝
・血液型:B型
・所属事務所:ザッコ

◆大杉隼平(おおすぎ しゅんぺい)のプロフィール◆
・生年月日:1982年8月28日(2018年2月時点で35歳)
・出身地:東京都
・職業:写真家
・所属:株式会社ザッコ
・配偶者:あり

大杉隼平さんは大杉漣さんの長男として誕生しました。
日本写真芸術専門学校を中退後東南アジアへ渡り、2004年ロンドン芸術大学で写真とアートを学びました。
帰国後はアシスタントを経て大杉漣さんの所属事務所であるザッコに所属し、写真家として活動しています。
大杉漣さんの出演する作品でカメラマンをしたりカタログ作成に携わるなど、親子で仕事をすることも多かったようです。
大杉隼平さんは父親似で渋顔のイケメンです。
画像をどうぞ。

どうでしょうか。
めっちゃカッコよくないですか?
俳優さんとしても活躍できそうですよね。
そこで気になったのは結婚してるんだろうか?ということですが、35歳のイケメンが独身なわけないです。結婚してました。
お嫁さんの顔が見たい!と思い探してみたのですが、一般の方なようで残念ながら画像を見つけることはできませんでした…。
しかし、名前が「泰子」というようだということは分かりました。
きれいな女性なんでしょうね。



大杉漣は若い頃に嫁とデキ婚していた

大杉漣さんは1982年に弘美さんという女性と結婚しています。
結婚したとき、すでに弘美さんのお腹には隼平さんが宿っていました。
弘美さんとの出会いは大杉漣さんが下積み時代に所属していた劇団に研究生として入ってきたのがきっかけだそうです。
この頃大杉漣さんは転形劇団(1988年に解散)というところに所属していましたのでおそらくこの劇団で二人は出会ったものと思われます。
大杉漣さんは1980年~1988の間たくさんのピンク映画に出演していました。
そのタイトルに目を通したところ、とてもじゃないですがここに書くことは憚られるようなタイトルでした…。
でもタイトルを見てどんな映画なのかすぐに想像ができるので、そういう映画を求めている人はタイトルだけで「見たい!」と思えるのでこれはこれでいいのかもしれませんね。
大杉漣さんがブレークしだしたのは40代に入ってからですので、それまでの間はお嫁さんがしっかりと生活を支えていたのでしょう。
大杉漣さんには隼平さんともう一人「そら」さんという名前の娘さんがいます。
大杉隼平さんの妹にあたります。
そらさんは現在幡ヶ谷のレストラン「Fritto(フリット)」でパティシエを目指して頑張って働いているということです。
これはテレビに出演した際に大杉漣さんが自分で話していたそうです。

大杉漣さんがテレビで家族について語ったり、大杉隼平さんのTwitterを見たりすると、仲良さそうな家族だなという印象を受けます。
でも、大杉漣さんが俳優としてブレークする前は金銭面などでお嫁さんは大変だっただろうなと思います。
大杉漣さん、若い頃はギャンブルなどで浪費癖があったということなので、その苦労が目に浮かんできます。
以前、バラエティー番組内のコント?じゃないですけどシチュエーションの再現みたいなやつを大久保佳代子さんと大杉漣さんがされていて、口と口を近づけていたら当たってしまったのですが、後で大杉漣さんが大久保佳代子さんにそっと「ごめんね!」と謝っていて、その感じがすごい優しかったので「この人は優しい人なんだろうな」と感じたことがありました。
なんとなく男女関係なくこんな感じで接する人だったんだろうなと思います。

まとめ
大杉漣さんの突然の訃報には、私のようにびっくりしている人がたくさんいると思います。
テレビをつけるとしょっちゅう出演されていて、本当に素敵な俳優さんでした。
ご冥福をお祈りいたします。