汐田雄介の顔画像やFacebookやTwitterは?被害女性との関係はどうだった?

汐田雄介の顔画像やFacebookやTwitterは?被害女性との関係はどうだった?

阪神梅田駅改札近くのパン店「神戸屋阪神梅田駅店」(大阪市北区梅田3)の22歳のパート従業員・汐田雄介が(大阪市中央区玉造2在住)、同じパン屋で働く28歳のパート従業員の頭部に怪我をさせたため駆け付けた警察官に現行犯逮捕されました。
事件が発生したのは4日午後12時20分ごろで、お昼のパン屋さんで起きました。
汐田雄介はいったいどのような人物なのか、顔画像やFacebookやTwitterを調べてみました。
また、被害者女性との間にいったい何が起こったのか、二人の関係性についても見ていきたいと思います。




汐田雄介の顔画像やFacebookやTwitterは?

汐田雄介は現在22歳ということでSNSを何かしら利用しているだろうと思い、顔画像やTwitterを検索してみたのですが、現在のところ見つけることができませんでした。
Facebookも検索したところ「汐田雄介」という同姓同名の人物を見つけることができました。
出身高校も大阪の高校となっていますので、この人物と今回の事件の容疑者が同一人物である可能性もありますが、この人物のアカウントが非公開となっていることと現時点で汐田雄介容疑者の情報が少ないためこちらも特定することができませんでした。
気になる方は「汐田雄介 Facebook」で検索すると該当のページを見ることができるかと思うので試してみてください。

事件後に汐田雄介が駅員4人に押さえられている様子を目撃した人の話によると、汐田雄介は黒髪だったということです。
今後、汐田雄介の顔画像が報道される可能性もありますので、入手出来次第追加していきたいと思います。

被害者女性との関係について

今回被害にあったのは汐田雄介と同じパン屋「神戸屋阪神梅田駅店」で働く28歳の女性です。
2人ともパート従業員として勤務していました。
現場となったのは阪神梅田駅改札近くの地下通路にある「神戸屋阪神梅田駅店」で、昼の12時20分ごろにおきました。
場所的にも時間的にもかなり人は多い中で起きてしまったのではないでしょうか。
「神戸屋阪神梅田駅店」の口コミを調べてみたところ、やはり便利な場所にあることから利用する人が多いようです。
味も評判がよさそうですし、閉店前には割引価格で販売されているようなのでこちらも好評なようでした。
こちらが現場となった「神戸屋阪神梅田駅店」はこちらです→https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27051711/
そんなに人の出入りの多いパン屋さんでなぜこのような事件が起きてしまったのでしょうか。




汐田雄介は事件後大声で叫んでいたという目撃情報もあります。
かなり興奮していたのでしょうか。
汐田雄介が22歳、被害女性が28歳ですと二人とも若いですが、仕事をめぐるトラブルでもあったのでしょう。
犯行ではパン切り包丁が使用されたということですので、計画的な犯行ではなく、カッとなってついやってしまったという感じなのかなと思いました。
パンきり包丁って、刃先がギザギザにはなっていますがそんなに鋭いイメージがないです。
うちにある家庭用のものをイメージしてのものですが…。
本当に命を奪おうとしたのであれば、もっと鋭いものを使うのかなとも思いますので、やはり何か二人の間にトラブルが発生して突発的にやってしまった可能性が高いです。
被害者女性は頭に怪我をしていて全治10日ということです。
命に別条がなかったとのことですのでよかったです。

二人はバイト仲間ということですが、バイト同士でも合うあわないってありますよね。
仕事の進め方が合わなくて普段から険悪な雰囲気であった二人だったのかなと思います。

まとめ

汐田雄介はまだ22歳と若いです。
バイト先での同僚とのトラブルでこんな事件を起こしてしまいました。
二人の間にどのようなトラブルがあったのかは明らかになっていませんが、しっかりと反省して、今後はこのようなことの内容に行動をコントロールして生きていってほしいなと思います。