魚住優アナウンサー【画像】が結婚!浅野温子の息子で結婚相手の嫁は誰なの?

NHKの魚住優アナウンサーが去年秋に結婚していたことが分かりました。
そして魚住優アナウンサーは女優の浅野温子さんの息子さんだそうですが、私、初めて知りました…。
浅野温子さんに息子さんがいることすら初めて知ったのですが、浅野温子さんって生活感がないので未だにお母さんって感じがしません。
魚住優アナウンサーの結婚相手のお嫁さんはどんな人なんでしょうか?
魚住優アナウンサーのプロフィールや画像と一緒にみていきたいと思います。




魚住優アナウンサー【画像】のプロフィール

◆魚住優(うおずみ ゆう)のプロフィール◆
・生年月日:1984年10月5日(33歳)
・最終学歴:慶應義塾大学
・勤務局:NHK放送センター

魚住優アナウンサーは女優の浅野温子さんの息子さんです。
父親はコピーライター・作詞家の魚住勉(うおずみ つとむ)さんという方です。
魚住勉さんはあの有名なデュエットソング『男と女のラブゲーム』の作詞をされた方なんです。
他には新婚さんいらっしゃいのテーマソングの桂三枝さん『好きだから』や、WANDSの『もっと強く抱きしめたなら』やCHA-CHAの『アンパンマン体操』なども魚住勉さんが作詞を手掛けています。
凄い方みたいですね。
そんな魚住勉さんと浅野温子さんの一人息子が魚住優アナウンサーです。
子供時代は、和光幼稚園→和光小学校→和光中学校→和光高校と有名人の子供が多数通う和光学園系列に通っていました。
和光学園にはミスチルの桜井和寿さん、元モーニング娘の石黒彩さん、矢田亜希子さん、千秋さん、ともさかりえさん、広末涼子さん、藤木直人さん、浜田雅功さん、真木よう子さんなど多数の有名人が子供を通わせています。
芸能人の子供に対する配慮があって芸能人の親としては子供を通わせやすいらしいです。
普通の幼稚園や学校ですと、芸能人の子供というのはどうしても目立ってしまいますしね。
和光学園は幼稚園から大学までエスカレーター式で行けるのですが、魚住優アナウンサーは大学は慶応義塾大学へ進学しています。

大学卒業後は日刊スポーツに入社し、2008年にNHKに転職しているのですが、NHKのアナウンサーって中途採用あるんですね。
なんとなくテレビ局のアナウンサーって新卒入社のみのイメージがあったので意外でした。
コネ入社とかいう声もあるらしいですが、どうなんでしょう。

お顔は浅野温子さんの面影があまり感じられないので父親似かな?



魚住優アナウンサーの結婚相手の嫁は誰?

魚住優アナウンサーは去年9月に一般女性と結婚しています。
入籍が9月で12月までに親しい知人や親族のみで挙式も済ませたそうです。
気になるお相手なのですが、一般女性ということで都内で化粧品メーカーに勤務する33歳の女性ということしか情報がありませんでした…。
ただ、かなりの美人だろうというのは想像できます。
幼いころから母親の浅野温子さんを身近で見てきたのでかなり女性のルックスは基準値が上がってしまっていると思いますし、化粧品メーカー勤務の女性って綺麗な方が多い印象ですのでおそらくお嫁さんも美人でしょう。

母親の浅野温子さんは『あぶない刑事』シリーズや『パパはニュースキャスター』などで一時代を築くほどの人気でしたが、『あぶない刑事』が始まったのが1986年で息子の魚住優アナウンサーが産まれたのが1984年ですので2歳くらいの時にはすでにほとんど家にいる時間がなかったのでは?と思います。
実際に浅野温子さんも育児は母親に任せっきりで育児放棄状態であったといわれていましたので、小さい頃はちょっと寂しい思いもしたのではないかなと思います。
ですので、自身の子供が生まれたらそういう思いはさせたくないなという気持ちから、家庭的な女性を選んだのではないかなと個人的に想像しています。
23歳くらいで魚住優アナウンサーを出産しているのですが、結構若い時に結婚と出産をされていたのですね。
かなり意外でした。

一人息子である魚住優アナウンサーの結婚を母親の浅野温子さんもとても喜んでいるそうです。
近いうちにお孫さんが誕生するかもしれませんね。

まとめ
普段あまりNHKのニュースを見ないので、魚住優アナウンサーのことも浅野温子さんの息子さんだということも初めて知ったのですが、とても優しい雰囲気のアナウンサーですね。
末永くお幸せに!