渡部親司 顔画像やFacebookやTwitterは?54歳教諭が盗撮で逮捕の動機は?

渡部親司 顔画像やFacebookやTwitterは?54歳教諭が盗撮で逮捕の動機は?

島根県立出雲養護学校教諭の渡部親司が府迷惑防止条例の疑いで9日、大阪府警南署に現行犯逮捕されました。
10代の少女のスカートの中を盗撮しようとしていたようで、本人は容疑を認めています。
養護学校の教諭がこのような事件を起こすなんてどんな人物なのだろうと気になったので、顔画像やFacebookやTwitterを調べてみました。
また、渡部親司54歳なのですが、54歳で10代の少女のスカートの中を盗撮して逮捕されるって、その動機は何なのかについても考えていきたいと思います。




渡部親司 顔画像やFacebookやTwitterは?

渡部親司の顔画像を調査するためにFacebookやTwitterを調査してみたのですが、該当する人物を見つけることができませんでした。
顔画像に関しては、今後ニュースなどで報道される可能性がありますので、新しい情報が入り次第追加していきたいと思います。

渡部親司の盗撮の動機は?

渡部親司はビジネスバッグのポケットに録画中に設定したビデオカメラを仕込んで、信号待ちの10代の少女の足元にカバンを置いてスカート内を盗撮しようとしたそうです。
その行動が怪しかったのでパトロール中の警察に現行犯で逮捕されているのですが、信号待ちの少女の足元にカバンを置いたといっても、スカートの中がうまく映るようにグイっと足元に近づけているでしょうからおそらく不自然な動きをしていたのでしょう。

渡部親司は島根県立出雲養護学校で教諭をしていてこの日は休暇中だったということですが、渡部親司が職務質問されて現行犯逮捕されたのは大阪市中央区難波の交差点です。
わざわざ盗撮のために大阪まで出向いていたのかなと思われます。
盗撮のためにそこまで労力を使うなんて…。
カバンのポケットにカメラを仕込むなんて結構凝った方法ですよね。
盗撮と聞いてパット思い浮かぶのはスマートフォンなどを使用したものですが、カバンのポケットに入るサイズの録画機能付きのカメラとかそれ用に用意したとしか思えません。
ということは、以前からいろいろな方法で犯行を繰り返してきたのかなと思いました。
しかもターゲットが10代の少女って、普段仕事で接している年代ですよね。
生徒たちのこともそういう目で見ていたのかなと思ってしまいます。




犯行の動機は何だろうと考えてみたのですが、ただ自分の欲望を満たすためだけにこのような行動をとったとしか考えられません。
こんなことをやっていてバレたらどうなるかというのは考えられないものなのでしょうか。

渡部親司は54歳ですので結婚して子供もいる可能性が高いです。
結婚していなかったとしても、両親などの家族はきっとものすごく恥ずかしくて情けない気持ちでいると思います。
許されない行為ですね。

まとめ
渡部親司は島根県立出雲養護学校の教諭とのことですが、教諭がこのような事件を起こすたびに、他のまじめに教諭をしている人たちはとても迷惑に感じていると思います。
一部の教諭が起こした事件でも、ほかの教諭も同じような目で見られることもあるかもしれません。
渡部親司はしっかりと反省して、同じことを繰り返さないようにしてほしいと思います。